« #35 大人のための大人のロックン・ロール・バンド “シーナ&ザ・ロケッツ” | トップページ | #37 麗しの歌声は青春の輝きとともに “カーペンターズ” »

2008年8月 7日 (木)

#36 私がロックと出会った日 “水森亜土・小林亜星”

82日の土曜日、漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなりました。手塚治虫石ノ森章太郎といった巨匠に続き赤塚不二夫もついに逝ってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

子供のころ彼らのマンガやアニメで育った者としては、懐かしさや長い時間の流れを感じてちょっと感傷的になってしまいますね。代表作は『おそ松くん』、『ひみつのアッコちゃん』、『もーれつア太郎』、『天才バカボン』などで、ギャグ・マンガの第一人者でした。

小学生の頃の私といえば、とにかく外で遊んでいましたね。近くの山や川、神社の境内、駄菓子屋、友達の家、学校のグラウンドが私たちの遊び場でした。そして、そこは新しい発見にあふれた社会勉強の場で、多くのことを学びました。

ビー玉やベッタン(メンコ)はどう考えてもギャンブルで、勝つことの喜びと負けることの悔しさを知り、駆け引きを覚えました。カエルやアメリカ・ザリガニにはむごいことをし、後悔の念をあじわったりもしました。むふ。グラウンドではもっぱら野球でしたね。守備のうまいやつがサードを守るのが暗黙の了解となっていて、左バッターはやけにかっこよく見えたものです。

駄菓子屋は私たち子どもにとって数少ない社交の場でもありました。

「おっちゃん、これなんぼ?」

「この飴ちゃんか、ひひ・・・・20万円。」

(わかったからもうええよ・・・・)

 ちなみに一日の小遣いは50万円ぐらいでした(笑)

雨の日は、野球盤やなんかのゲーム盤をやるか、プラモデルや模型を作ったり絵を描いたりして遊んでいました。プラモデルは高いのでたまにしかつくれませんでしたけどね・・・。そういえば『もーれつア太郎』にでてくるニャロメというキャラクターの似顔絵を描くのが一時はやりました。

 そして、夕方から夜にかけては楽しいテレビの時間です。子供向け番組はとても充実していました。新しい番組がオン・エアされては再放送、再々放送が繰り返されていたような記憶があります。

男の子のヒーローは『ウルトラセブン』、『仮面ライダー』、『あしたのジョー』で、女の子のお目当ては『魔法使いサリー』、『ひみつのアッコちゃん』、『アタックNo.1でした。

さて、ロックの話です。ひみつのアッコちゃんのエンディング・テーマ“すきすきソング”は、いま思えばまぎれもないロックでした。亜土ちゃん(水森亜土)の歌うあの名曲です。アレンジこそアニメ・ソングっぽいのですが、ロック風やソウル風にやればカッコいい曲ですよ。私が生まれて初めてきいたロックかもしれません。

 かなり昔の話ですが、実際にバンド・セッションでこの曲をやったことがあって、自分でいうのもなんですがカッコよかったです(笑)この曲はアルバム『すきすきソングス』に収められていますが、歌詞カードやジャケットなど亜土ちゃんのイラスト満載です。

 ♪好き 好き 好き好き 好き 好き 好き好き 

アッコちゃん アッコちゃん 好き好き・・・(ハ、ヨイト)

アッコちゃん 来るかと

団地のはずれまで 出てみたが

(ハ、ドシタ アッコちゃん)

アッコちゃん 来もせず

用もないのに 納豆売りが

ハーハー ナットオー!

山元護久井上ひさしのシュールな詞もさることながら、小林亜星の曲もさすがというかんじでポップ・センスにあふれています。小林亜星は知る人ぞ知るヒット・メーカーですからね。CMソングでは、レナウン“ワンサカ娘、サントリー・オールド“人間みな兄弟~夜がくる、明治製菓“明治チェルシーの唄、ブリヂストン“どこまでも行こう、日立グループ“日立の樹(この木なんの木)”などお馴染みの曲をヒットさせ、都はるみ“北の宿から”も彼の作曲です。

特にサントリー・オールド“人間みな兄弟~夜がくる”は名曲中の名曲です。こんなカッコいい曲はそうはありません。いろんなヴァージョンを集めたアルバム『人間みな兄弟~夜がくる』がでているようなので、近いうちに手に入れたいと思っている黒船です。これは、マジでほしいです。ふむ。

『人間みな兄弟~夜がくる』の試聴こちらからどうぞ。

水森亜土の絵描き、アーチストとしての才能はいまさら語る必要もありませんが、舞台女優、ジャズ・シンガーとしてもその個性をいかんなく発揮しているようです。銀座・六本木・上野あたりのライヴ・ハウスでいまなお歌い続ける、根っからのエンターテイナーです。ステージではあのたどたどしい口調で、亜土ちゃんワールド全開らしいのです。

「キャホー、亜土ちゃんで~す。27才になりました、イェー・・・」とかいってるらしいです^^;

一度ライヴに行ってみたいものです。“すきすきソング”やってくれるんかなあ・・・。

 

 

  

 

 

 

水森亜土の“すきすきソング” は、こちらからご覧になれます。

すきすきソング(水森亜)の動画

Lip’sの“すきすきソング” は、こちらからご覧になれます。

すきすきソング(Lip’s)の動画 ※ カヴァーされていたんですね。しりませんでした。

水森亜土の“アレアレアラレちゃん” は、こちらからご覧になれます。

アレアレアラレちゃん(森亜土)の動画

水森亜土のテレビ特集は、こちらからご覧になれます。

テレビ特集(水森亜土)の動画

レナウンCMの“ワンサカ娘”は、こちらからご覧になれます。

ワンサカ娘(レナウンCM)の動画

明治製菓CMの“チェルシーの唄”は、こちらからご覧になれます。

チェルシーの唄(明治製菓CM)の動画

サントリーCMの“人間みな兄弟~夜がくる”は、こちらからご覧になれます。

人間みな兄弟~夜がくる(サイラス・モズレー)の動画 ※ Great !

人間みな兄弟~夜がくる(サントリーCM)の動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 本日の L-O-V-E

すきすきソングス (CCCD) Music すきすきソングス (CCCD)

アーティスト:水森亜土
販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2004/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人間みな兄弟 Music 人間みな兄弟

アーティスト:オムニバス
販売元:日本クラウン
発売日:2000/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« #35 大人のための大人のロックン・ロール・バンド “シーナ&ザ・ロケッツ” | トップページ | #37 麗しの歌声は青春の輝きとともに “カーペンターズ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142379/22833959

この記事へのトラックバック一覧です: #36 私がロックと出会った日 “水森亜土・小林亜星”:

« #35 大人のための大人のロックン・ロール・バンド “シーナ&ザ・ロケッツ” | トップページ | #37 麗しの歌声は青春の輝きとともに “カーペンターズ” »